副業には厳しい送料値上げの流れ

会社員に戻ってから、個人事業主時代に売れ残った在庫を副業としてヤフオクやアマゾンを使て細々と売り切りにかかっています。

4月は新学期・新年度シーズンでよく売れましたが、GW(ゴールデンウィーク)直前から一気に売れなくなり、GW中は閑古鳥が鳴いていますw

手持ちの商材は、売れ残った在庫や特定のシーズンになると動き出すものばかりなので、仕方がありません。

気長に細々と売って資金を回収し、最後はヤフオクなどで副業さんや業者さん向けにまとめ売りが既定路線です。

送料値上げ

ネットを介して売っているため、商品が売れると必ず送料が発生します。

自分は配送は郵便局を使っていますが、これまで主力で使ってきた特約ゆうメール、ゆうパケットが4月から値上げになり、特にゆうパケットはクリックポストよりも高くなり全く使い物にならなくなりました。

一番安い特約ゆうメールもよく使う価格帯(250g~500g 厚さ2センチ以内)で130円(税込)近くかかってしまいます。

平均単価800円くらいのものを売っているので、この値上げは厳しい。

郵便局と付き合いだしてから7-8年くらい経ちますが、最初は82円(税込)だったんですよ。

今から思えばいい時代だったなぁ・運がよかったなぁと思います。

副業で使い勝手が良いと感じているのはクリックポスト

特約ゆうメール・ゆうパケットともに契約している郵便局に持っていくか集荷に来てもらう必要があるため、日中家にいない会社員は家族に頼まないといけません。

(注:自分は2018年12月から郵便局に持ち込むスタイルに変えたので、現在は集荷に来てくれるかどうかはちょっとわかりません。)

自分は副業の業務全般を一人でやっている関係上、今は平日はポスト投函できるクリックポスト、土日祝は郵便局に持ち込むスタイルに落ち着きました。

クリックポストの場合、価格は185円(税込)と高いですが、追跡がついてるので購入者にはやさしいし、そして何よりポスト投函できるので、通勤時(朝)や帰宅後(夜)に使える使い勝手の良さを考えるとこの方法に落ち着きました。

廃業前提で採算度外視だからできるってのもありますが、今の時代、低価格帯の商品を扱う副業の環境は厳しいというのが正直なところです。

また、今後も人手不足は解消しなさそうなので、送料に関してはしばらく冬の時代が続くんだろうなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする